読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

マサルの備忘録

ハイオク仕様のトルクフルな備忘録

いろいろハイハイレースに娘を出場させて分かった3つのこと

スポンサーリンク

ハイハイレース職人の朝は早い。

f:id:domomasarudesu:20151214221812j:plain

前回。
masaru.hateblo.jp

今まで出場した(させた)ハイハイレース。

今思えば色々参加しました。
これからもきっと参加するんだろうな。
きっと。

ハイハイレースといえばアカチャンホンポというデファクト

「ハイハイレース」で検索すれば一目瞭然。
アカチャンホンポが多くのハイハイレースを開催している。
ちなみに、社名は株式会社赤ちゃん本舗だが、
店舗での表記は全てカタカナで「アカチャンホンポ」である。

www.akachan.jp

アカチャンホンポ自体は日本中に展開しているが、
ハイハイレースを開催する店舗は限られていて、
更に不定期の開催である事が一般的である。

アカチャンホンポのイベントはかなりアツく、
ハイハイレース以外にも、1歳誕生日会や、
プレパパナイトツアーなど色々あって、
基本的に無料なので、モリモリ参加できますね。
www.akachan.jp

ハイハイレースにエントリーすることがレース

特に南関東で言えば、開催店舗数の格差がひどく、
神奈川県は、東京、千葉、埼玉に比べると
開催数が非常に多い。(ほかが少なすぎる)
なので神奈川県でも、東京寄りの川崎周辺での
レースには県外からの参加者も多いらしく、
思いの外、参加者が殺到する場合が有るらしい。

参加の申し込みはアカチャンホンポのサイト上から
行うのだが、これも不定期開催であるため
都度都度アカチャンホンポのサイトをポーリングして、
お目当ての店舗でのハイハイレースの開催が
決定したら、予約開始まで精神統一をおこなう。

ハイハイレースの申し込みは、
開催日の約2週間前から始まり、
主に朝10時から申し込みが開始される。
10時ぴったりに申し込みをするとき便利なのが、
情報通信研究機構日本標準時サイトである。

JST Clock

スマホの時計はずれていることがあるので、
NiCTのページを目安に申し込みボタンを押せば
ほぼ問題ないと思う。

家族みんなでとにかく楽しく参加すべし

出来れば家族でワイワイ参加するのが吉。
結構チームワークも要求されて、
子供を誘導する係、撮影する係、
いろいろタスクも発生するので
複数人で参加するといいですね。

意外と子供の祖父母がフィーバーするケースが有り、
父母よりテンションが高いことも。
そんな祖父母と一緒にアカチャンホンポに行くと、
いろいろ買ってもらえる可能性もあるので
非常に見逃せない存在といえる。

「いやいや、アカチャンホンポに金は落とせねぇ」

そんな方もいらっしゃると思いますが、
ハイハイレースに参加すると、
ほぼ必ず参加賞がもらえます。
参加費は無料なのに、おしりふきだったり、
子供用のお茶やお菓子など、
ちょっとしたものがもらえます。
とはいえ、期待しすぎるとがっかりするので、
どんなものでも有り難く頂きましょう。