読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

マサルの備忘録

ハイオク仕様のトルクフルな備忘録

Android Studioが1.4になって結構変わってるように思ったんだけどひょっとしたら更新をサボってただけかもしれない

スポンサーリンク

久々にアップデートしました。

Android Studio 1.4がでましたね

Android Studio 1.4 | Android Developers Blog
いろいろと変わっているようです。

Eclipse + ADTのサポートが切れたこともあり、
半ば強制的にAndroid Studioに切り替えたわけですが。
いまでもEclipseのほうがエディタとして使いやすかったなぁと思っています。
一方でGradleを使うようになって、その便利さは身を持って感じています。

まぁ使ってみましょう

業務では工数とかアレとかアレの影響で、
最近のウィジェットやレイアウトを触る機会がなく、
マテリアルデザインなアプリを作ったことがありませんでした。

今回のアップデートでProject Templateで
色々なレイアウトが雛形として準備されていて、
いまどきなレイアウトも簡単にチョッパヤで作れます。
そう、こんな感じ。

f:id:domomasarudesu:20151003165333p:plain

フローティングアクションボタンや、

f:id:domomasarudesu:20151003165356p:plain

スナックバー。オシャレですね。

f:id:domomasarudesu:20151003164606p:plain

アプリの色の指定も、スタイルファイルを弄るだけではなく、

f:id:domomasarudesu:20151003165551p:plain

テーマエディタでらくらく編集ができます。
こんな感じでAndroid開発に特化した機能が
Studioに搭載されると、ちょっと嬉しいですね。

便利なサイトもあります

www.materialpalette.com

マテリアルな色って、なかなか素人が設定しても、
あんまりしっくりこない事が多いと思うんですが、
このサイトだと2色選ぶと、いい感じに色を考えてくれます。

f:id:domomasarudesu:20151003170114p:plain

この中から2色選ぶと・・・

f:id:domomasarudesu:20151003170136p:plain

色の組み合わせをサジェストしてくれます。
これをスタイルファイルに適用すると・・・

f:id:domomasarudesu:20151003170224p:plain

ほら簡単に・・・色味は手直しが必要そうですね(笑)

とりあえずなんかアプリ作りますか

アプリ名でもこっそり書いてありますが、
ひとまずWi-FiのAPをスキャンするアプリを作ろうかと。
APのリストも無駄にカードで表示する、
そんな自己満。