読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

マサルの備忘録

ハイオク仕様のトルクフルな備忘録

Arduinoで自作Hueに挑んでみる

スポンサーリンク

できるのかな、ほんとに。
前回まではこちら。

ArduinoでHueを自作してみようかしら - マサルの備忘録

まずはパーツ集めから

Hue的なものを作るにあたって問題なのが電源の確保。
ちょいとぐぐってみると、世の中にはセパラボディなるものが存在する。

セパラボディ - Wikipedia

要は、E26口金とかからコンセントに変換してくれるやつ。

ヨドバシカメラにあった

やすい。一個92円也。とりま2個買った。
f:id:domomasarudesu:20150202024138j:plain

これに、AppleのACDCコンをつけてみた図がこちら。
f:id:domomasarudesu:20150202024305j:plain

さらに、これにFreaduinoをつけてみた。
f:id:domomasarudesu:20150202024334j:plain

天井に取り付けてLチカしてみた

こんな感じっすね。
f:id:domomasarudesu:20150202024413j:plain

ここでちょっと気になるのが。

  • 基板の向き(やっぱりLEDとかした向きにしなきゃねー)
  • 電源などのLEDのインディケイタが眩しい(黒く塗る?隠す?)
  • 長時間使うなら放熱必須?

まぁ、なんとかなるか。とりあえず作ってみよう。